2013年10月04日

タイムマシン

こんにちは、ココリコです。

ゼウスでの映像がiPhoneに沢山収まっていますが、
趣味で編集したのをアップしてみました。

タイムマシンTVのように、過去を振り返ってみるのも
面白いかと思います。

どうぞお楽しみください。



















1973924

ブログランキングの応援よろしくお願いします!⇒

人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村
posted by ゼウス at 05:21 | Comment(0) | ココリコの部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドアからドアへ





tobiraS_c.jpg































1973924

ブログランキングの応援よろしくお願いします!⇒

人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村
posted by ゼウス at 02:24 | Comment(0) | ココリコの部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月24日

今、来るからね〜

こんにちは、ココリコです。

地球人です。

生まれてから、19歳まで沖縄で過ごしました。

IMG_5692.jpg

沖縄から、東京に出たての頃は、なまりと方言で、
電車の中で喋ると、よくみんなに視線を向けられたりしました。w

自分で話をした後に、単語の意味を聞き返されて、
よく言い直して翻訳していた記憶があります。

そんなわけで今日、なぜかフッと思い出しました。

沖縄にいた頃や、まだ東京に出てきたての頃に

「今、来るからね〜」

という言葉を使っていました。

そして、毎回

「なにが来るの?」

とか、

「誰が来るの?」

なんて聞き返されていました。

ですが、生まれ育った環境では、

「今、来るからね〜」

は、今から自分がそっちに遊びに行くね!

という意味で使っていたのです。

東京に出て、毎回聞き返されていると、
最初のうちは、こっちが ???

だったのですが、どうやら多数決でも圧倒的に不利で、
自分が間違っているんだと、思いました。

今では、「今、来るからね〜」 なんて言葉は使わなくなりましたが、
これまで当たり前だと思っていたことが、
当たり前ではないと知った時の衝撃は、奇妙なものでした。

そして、同じ日本なのに、外国に来たような新鮮な気持ちを
感じながら、日々を過ごせたのも懐かしく思います。

タイのバンコクで、2年と2ヶ月程働いていた時もありましたが、
その時にも、言葉の不思議な感覚と錯覚を感じました。

タイに行った時には、タイ語などひとつも喋れなかったのですが、
いきなりお店の立ち上げと、タイ人の研修をすることになりました。

タイ人g.jpg

毎日、毎日、タイ語辞典、タイ語会話帳、ノート、ボールペンを持って
覚えたてのタイ語を、必死で喋っていました。

自分がこういう時に使う単語だと覚えて、使っていたつもりが、
後々になって、自分の覚え間違えで、使っていた。ということが
何度もありましたが、そうすると余計に ???
になりました。

自分の間違った言葉使いにも関わらず、仕事がスムーズとは
いえないまでも、ちゃんと進行して目的を果たしていたからです。

その時に思ったことは、そう言えば、自分も相手の話すタイ語が
わからないけれど、心の中で、もしくは、頭の中で、勝手なイメージで
翻訳をして、それに対して、自分がこうだと思う単語を並べて、
話をしていたことがよくあったなと、、、

そう思うと、大事なのは相手を理解しようという姿勢なのだと思いました。

なんどもなんども、わからないままに話し合いを続け、
時にはタイ語と日本語で、議論のようにもなりました。

後で振り返ると、結局のところ上手くいったのは、
自分の中で、都合の良い解釈を続けながらも、
現実の結果が出るまで、粘り強く話し合い、
行動を続けた結果だと思いました。


つまり、相手は、「そんな要求は受け入れられない、
おれは地球人は嫌いなんだ。」

と言っていても、

IMG_5164.jpg

なるほど、「今日は体調が悪くて、頭の中が混乱しているから
物事を悲観的に捉えてしまうので、まずはご飯でも食べにいかないか?」

なんて勝手に翻訳をしていました。

そして、「オッケーわかった、美味しい屋台に案内してくれ」

なんて返事をしたりしていました。

言葉が通じることも素晴らしいことですが、言葉が通じないことも
また同じ位、素晴らしい体験だとも思いました。

そんなわけで、8月30日に来るからね〜!

IMG_1835.jpg

ブログランキングの応援よろしくお願いします!⇒

人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村
posted by ゼウス at 15:51 | Comment(0) | ココリコの部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月18日

8月9日


こんにちは、ココリコです。

夏真っ盛りで、暑い中、
山の中の避暑地で、仕事してみました。w

IMG_1830.jpg

今回は、8月9日に出勤して欲しいとの連絡をもらいました。

その日、名古屋の相棒は、
セントレア空港から、沖縄に行きました。

沖縄y_.jpg

ココリコは、名古屋駅から高速バスで京都へ
そして、京都から電車で大阪へ

名古屋から、ゼウスに出勤するのに、6時間半かかりました。

なぜかというと、高速渋滞だったからでした。

帰りはスムーズに行けば、ドアtoドアで、4時間ですが、
お盆なので、同じくらいかかりました。

すると、往復13時間かけて、8時間ゼウスで働く、、、

交通費も、5/4は自腹です。

21時間かけて、いったい幾らの給料を手にしているのか、、、

怖くて書けません、、、、w

「いったい、なにを考えているんだ!!」

と、まわりに言われます。

ですが、なかなか真似の出来ないことだとも思います。

真似をしたくないと言われそうですが、、、w



そして今回は、JPTトーナメントが開催されていました。

写真はこちら、http://zeusclub.seesaa.net/article/371609994.html

なんと、今回は偶然なのか、必然なのか、
沖縄からの参加者が、来ていたようです。

ワンピース.jpg

いろいろと気になったのですが、
話すタイミングがないままに、
次々と、ディーラーの出番がまわってきました。

沖縄にもポーカースポットがあるなら、行ってみたいですね。


今回印象的だったのが、ある人物のオールインに対して、
相手を勝たそうという意図で、弱いハンドでコールをしたら、
勝ってしまった。ということがありました。

オールインのプレイヤーは残りたい。
コールのプレイヤーは、用事があるので帰りたい。

しかし、相手の為にしたことが、反対の結果を得る
という、現象がありましたが、これは以外にも

ポーカーディーラーをしていますと、
よくある事にも思えます。

ポーカーで勝つという目的ではなく、コミニュケーションを
目的としているプレイヤーがいる時にも、起こることでもあります。

そして、なぜだか優勝してしまった。

そんな時は、無欲の勝利なんて言葉を当てはめてしまいますが、
お互いに、自分の思い込んでいた世界観から、意図せずに
意外な視点を得る事ができる出来事だとも思います。

そんな経験をすると、なにかに目覚めたように
アグレッシブなプレイで、
優勝する経験が多くなり始めることがあります。

自分でも意図しなかったプレイで、なにかに気づいた感じでしょうか、、、

あくまで、ココリコ自身の体験からの視点で書いていますので、
あてはまらないプレイヤーも当然いるとは思います。


〜〜〜〜〜〜〜
遊びの重要性
〜〜〜〜〜〜〜

セザンヌポーカー0.jpg

さて今回は、ゼウスファンのために
こんな文章を見つけてきました。


『ウォールストリートジャーナル」誌によると、
ヨーロッパでは、50社以上の企業ーーその中には、
ノキア、ダイムラー•クライスラー、アルカテルなどの大企業も含まれている
が、「真剣な遊び」のコンサルタントを招いているという。

これは、レゴのブロックを使って企業の経営幹部を訓練するテクニックです。

ブリティッシュ•エアウェイズでは、選任の「企業内道化師」まで雇い、
同社の航空路線に「楽しさのセンス」をさらに吹き込もうとしています。

他の5つのセンスと同様、「遊び」もこれまでは軽視されがちだったが、
今は陰から飛び出し、スポットライトを浴びるようになっています。

「ホモ•ルーデンス(遊ぶ人)」は、「ホモ•サピエンス(考える人)」
と同じくらい効果的に仕事ができることが証明されつつあります。

「遊び」は仕事、ビジネス、個人の幸福を追求する上で
重要な位置を占めるようになっています。

そして、その重要性は3つの形、すなわち
「ゲーム」「ユーモア」「喜び」に代表されます。

「ゲーム」ーー特にコンピューターゲームやテレビゲームは、大きな影響力を持つ
巨大企業となり、プレイヤーに全体思考というものを教え、
全体思考を備えた新しい種類の人材を大量に採用しています。

「ユーモア」はそれ自体が、経営能力や心の知能指数、右脳半球に特徴的な
思考スタイルなどを示す的確な指標なのです。

実際、テレビゲームで遊ぶ子供達は、教室よりもはるかに効果的な形で
学びを体験することができます。

学びとは、個々の事実を記憶することではなく、
それぞれの事実を関連ずけ、巧みに操作することなのです。

たとえば、2003年に「ネイチャー」誌に掲載された重要な研究発表では、
テレビゲームをするとたくさんの利点を得られることがわかったと述べられています。

視覚認知のテストでは、ゲームをする人のほうが、しない人よりも30%も高い得点をとり、

テレビゲームをすることで、周囲の状況の変化を察知する能力や、
情報を同時に処理する能力が向上するそうです。

また、テレビゲームはパターン認識が必要な問題解決能力という
「右脳的能力」が向上する、との証拠もあります。

テレビゲームをすることの特徴の多くは「調和」の資質と似ています。

トレンドをつかみ、関連性を描き、全体像を理解する、といった点です。

あるゲーム会社の採用担当者は、「右脳と左脳の橋渡しができる人材」が
理想的だと言います。

企業は芸術、プログラミング、数学、認知心理学の各分野を隔てないように努め
多くの分野の断片を集めてひとつの大きなタペストリーを織り上げることができる
人材を捜しています。

カーネギー•メロン大学のエンターティメント•テクノロジー•センターへ行くと、
ゲームがこれからの経済で中心的役割を果たすことをすんなりと理解できるかもしれません。

このセンターは、美術学部とコンピューターサイエンス学部との協力で生まれました。

カーネギー•メロン大学では、「右脳と左脳のための学位プログラム」を謳い、
まったくあたらしい学位、「エンターティメント•テクノロジー修士号(MET)」
を与えています。

学生達は、プログラミングからビジネス、即興劇にいたるまで、ありとあらゆることを学ぶ。
そして、与えられる学位は、芸術でもサイエンスでもなく、学際的学位であります。

「この学位は、この分野の学生にとって学問研究の頂点になります。
ですから、MA(文学修士)や MS(科学修士)よりもずっと意義があり、
学問的には MFA(美術学修士)や MBA(経営学修士)と同じ重みがあるのです。

MFA が新たな MBA なら、近い将来、 MET が新たな MFA となるかもしれない。
MET は「全体思考」を働かせなくては取れないからです。



ーーーダニエル•ピンク「ハイコンセプト」より抜粋ーーーー


という文章を読んだのですが、テレビゲーム業界の出資で
文章を書かせたのかどうかは、気になるところですが、

最近は、ゼウスでもオンラインゲームをしながらポーカーをプレイする
プレイヤーが増えているような気がしましたので、
文章を読んで、なんとなくスッキリした感じがありました。

ゲームというのは、いったい誰が発明した概念なんでしょうね、、、



合わせて、こちらのブログでも遊びについて書いています。
http://2012parallelworldexpress.com/synchropoker/?p=884


最後まで読んでいただき
ありがとうございました!


ダニエルピンク氏来日!


ハイコンセプト

山の会社






















ブログランキングの応援よろしくお願いします!⇒

人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村
posted by ゼウス at 17:59 | Comment(0) | ココリコの部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月29日

出逢いと、時の流れ

こんにちは、ココリコです。

今年のフジロックフェスティバルに、愛知県の
タートルアイランドという、バンドが出演しました。

近年は、モロッコ、スペイン、ニューヨーク、中国などでもライブ活動をして、

一昨年と昨年は名古屋能楽堂での歌舞伎とパンクとシェイクスピアのコラボレーション、
昨年と今年は、橋の下音楽祭の企画開催で、
イベントの全電源をソーラーパネルでまかなったり、映画祭、紙芝居、アート、を融合、
入場無料なのに、どの音楽イベントよりもこだわりを感じさせてくれ、
大きな盛り上がりをつくりだしたバンドです。


スクリーンショット(2013-07-29 19.52.14).png


タートルアイランドc.jpg

そんな友人が主催する、タートルアイランドというバンドも
結成当初からのつき合いなのですが、最初はバンド内のもめ事や
メンバーの脱退、解散の危機、いろいろなことを聞かされながらも、

全部呑み込んで、好きなことは続けていくという姿勢の友人達を14年間応援してきました。

そして、年を追うごとに全国各地のフェスや音楽祭、ライブイベントから
呼ばれるようになっていく姿もみてきました。

そのうち、東京や神奈川、長野、大阪、京都、岐阜、沖縄と、
いろいろなところで会うようにもなったり、一緒に遊んだりと、
行動範囲も広がってきました。

そんな彼らとの出逢いは14年前でした、、、


14年前は、東京に住んでいました。

ひょんなことから、ヒッチハイクをして、
当時、沖縄の友人が住んでいた愛知県に遊びにいきました。

その時に友人の紹介で知り合ったのが、
タートルアイランドのメンバー達でした。

その時の縁で、愛知県には本当によく遊びに行きました。

本当によく行っていたので、一部の友人達には
愛知に住んでいると思われていたりしました。

家に泊めてもらい、ライブで踊り、酒を飲んで語り、
いろんな遊びを一緒にしました。

ええじゃないか5.JPG

夜中に「ええじゃないか
という日本映画を観て、朝方に急遽、祇園祭にチジミを売りに行こう!
ということになり、京都の友人に頼んで、出店出来るようにしてもらい、
急いで準備をして、愛知県からワゴン車で祇園祭に乗り込んで、
2人で、チヂミを売ったこともありました。

ちなみにその時は、チヂミは完売でしたが、
材料費やガスボンベ一式、ガソリン代などを差し引くと、
2万円の赤字になりました。

なぜかというと、最後は無料で配ってしまったからです。w

そんなメンバーの中で、D-1グランプリという、ドラムチャンピオンを
決めるイベントの、初代チャンピオンに輝いた友人も、
毎週日曜日のオンラインポーカーに参加してくれています。

そんなドラムのリズムを、オンラインポーカーに変換してくれるような、
機械があれば面白いと思うのですが、誰かそういう機械をつくれませんかね、、、
知ってる方は、是非メールください。

音楽とポーカーの融合イベントなんかできたら面白いと思うのですが、
それは面白そう!という方向にイメージすることが出来る、
クリエイティブな思考の人も是非、メールください。

taka8world@hotmail.co.jp


こちらのブログもよかったらどうぞ。
http://2012parallelworldexpress.com/synchropoker/?p=813


最後まで読んでいただきありがとうございました。












ブログランキングの応援よろしくお願いします!⇒

人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村
posted by ゼウス at 23:52 | Comment(0) | ココリコの部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月22日

プログラムと、ホロン

mai51a6855c.jpeg





こんにちは、ココリコです。

日曜日は参議院選挙でしたね。

久しぶりにワクワクさせてくれる立候補者がいましたので、
週中から京都に帰ってこれないココリコは、
火曜日に期日前投票を済ませてきました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今回はオンラインポーカーとプログラム
と、ホロンについてです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

毎週日曜日に、参加無料の賞金付き
オンラインポーカートーナメントを主催していますが、

オンラインポーカーのプログラム自体に信用性があるのか?

などという質問を、よく受けます。

確かに、オンラインプログラムの公平性は、
ネットに表示されている通りで、
完全にランダムだという説明にも納得できます。

最初の頃は、AAエースポケットが、
66のポケットに負けたりすると、
イカサマではないのか、、、?

などと、考えたりもしましたが、

それでも無料参加からスタートして、
資金は順調に増え続けています。


しかし、他にもやりたいこと、やるべきことが
いろいろとありまして、ポーカーをする時間が
あまりとれない近況ではありますが、

本来のスタート地点が、ディーラーでもありますので、
ポーカーをプレイしてもらう舞台環境を創る方に、
どうしても意識は向いてしまっているようです、、、w

日本から、世界に飛び立つ人の為に、素晴らしい舞台を創りたいと
願って、活動しています。

その為の、資金を調達する為に、オンラインという便利な道具と
使い方を教えてくれる、素晴らしい先生も授かりました。

と、今、考えました、、、。

というより、勝手にそう思いました。


footer.jpg

そして、オンラインプログラムは、
ランダムなのか、法則があるのかないのか、
という質問に対しては、
正直なところ、まだハッキリはわかりません。

しかし、望む結果にシンクロすることができれば、ランダムでも
ランダムでなくても、どちらでも良いと思います。


最近は、ゼウスオーナーも、海外のサイトで活躍が報じられていました。
なんと、参加費$3が、凄いことに、、、
http://www.pokerstarsblog.com/scoop/2013/scoop-2013-zeus-tseuji-wins-first-for-ja-133973.html

世界のポーカープレイヤーにも知られる存在になりましたね。


そして今回、たまたまこんな話を見つけました、、、


0と1とが10の100万乗以上並んだ数列には、
0が連続して100万個並んでいる箇所が少なくとも
10カ所は存在するはずだということを、数学者の
スペンサー=ブラウンが、初めて指摘しました。

一般的な予測をくつがえすものだったのだが、
これによってスペンサー=ブラウンが何をあきらかにしたかというと、
プロセスがランダムであることと、

ランダムに見えるプロセスを生成することとは違うことだということです。


もうひとつ。こんな話が、、、

音楽プレーヤーiPodにはランダム・シャッフリングのプログラムが入っています。

ところが、同じ歌が同じ ミュージシャンによって繰り返し演奏されるのを聞いたという
ユーザーがあらわれて、iPodに文句をつけたそうです。

「シャッフルがランダムになってない」という文句だったそうです。

そこで、スティーヴ・ジョブスはもっとランダムな感じにするために、
工夫をすることにしたそうです。

どんな工夫をしたのか気になったジャーナリストの質問に対して、

ジョブスの答えは、、、

「ちょっとランダムではないアルゴリズムを加えるようにしたんだよ」

とのことでした。

つまり、ランダムにみえるように、ランダムではないプログラムにしたと、、、

その話を、ココリコの知り合いのプログラマーにしたところ、
確かに昔、抽選会プログラムをランダムになるようにつくったところ、
苦情がきたので、要望通りにランダムに感じるように、
ランダムでないプログラムに書き直しをしたことがあると、、、

その話から推測すると、ランダムに思えない程、実はランダムなプログラムに
なっていると思うのですが、どうでしょう、、、?

ですので、たまたまオンラインポーカーの勝ちが、100万回偏っていても、
ランダムなプログラムならば、起こりえることだと思いました。

もしや、ココリコの勝ちも、実力ではなく、らんだむ なのか、、、
この問いに対する、ひとつの答えとして、

ホロン構造という、概念を見つけました。

ホロン構造とは、わかりやすく言えば、

自分の身体の中の、心臓や、肺や、腸や、赤血球や、細胞などは、
ひとつひとつが役割をもって、ひとつの身体を構成していますが、
同じように、人間ひとりひとりも、もっと大きな上位の概念の中のひとつとして、
役割を持っているという考え方なのですが、

もう少し、詳しく説明しますと、
私達の思考というのは、どこからやってくるのだろうか、、、?

例えば、今あなたが水を飲もうと思ったのは、あなたが思おうとして思ったのではなく、
すでに、無意識の領域から、あなたの意識に勝手に浮かび上がってきたと思います。

つまり、あなたは何かを考えようと思って考えたのではなく、
勝手に考えが思い浮かんできたとも言えると思うのですが、どうでしょうか?

人間は、実は行動が先で、行動に対する理由付けは、
後から付け足すものだとも言われています。

そして、人類全てが意識の奥底では、繋がっているといわれています。

集合的無意識という概念です。

竹林の竹が、地下では全て繋がっているように、
人間の意識も、深い領域では、すべて繋がっていると言われています。

そう考えますと、人間の行動というのは、深い領域の大きな概念からやって来て、
それに対する意味付けを、楽しむことが出来るのが、私達の意識という部分なのか、、、

などと、考えてしまいました、、、

起こる出来事は、途方も無いような時間の領域の周期で繰り返されていて、
それに対する、意味付けを変えることで、パラレルな世界を体験することが出来る、
コンピュータープログラムの中で発生した、意識という幽霊のような存在という
連想をしてみました。

これはもう、ココリコが書いているのか、書かされているのか、、、w

流れに身を委ねて、とにかく連想してエネルギーを感じたら、行動する。

そんな感じともいえます。


そしてチャレンジしつづけるという意識があれば、
あたらしい道が拓けてくるという概念とセットだと思います。



オンラインサイトの方も、現在 Google で、
『ポーカー無料』 『オンラインポーカー無料』
と検索しますと、260万件中、3位に表示されています。

これも、応援してくれた皆様のお陰です。

これから新しくポーカーを始めたいと思っている方や、
今までお世話になった方達共に長く楽しんでいけるように、
更なる飛躍を目指して、取り組んで行きますので、

これからもよろしくお願いします。



最後まで読んでいたただき
ありがとうございました。















ストーリーのある優勝にこそ、
多くの共感を生むと思う方は、
こちらもどうぞ!
http://2012parallelworldexpress.com/synchropoker/





ブログランキングの応援よろしくお願いします!⇒

人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村
posted by ゼウス at 01:03 | Comment(0) | ココリコの部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月16日

今年も咲きました

IMG_6830.jpgIMG_5703.jpg


こんにちは、ココリコです。

今年も、ゼウスオープンの時に持ち帰った
蘭の花が、咲きました!

今年は主に名古屋での活動が多いので、
京都の部屋にいる植物達の世話が十分でないのですが、
今年も咲いてくれて、嬉しいですね。

それでは、今回は花にちなんだ過去の出来事からです。

4年前に、京都に引っ越してきたばかりの頃に、
「京都Earth Day」というイベントに友人がラジオDJと
食べ物屋を出店するので、テント内でカジノをやらないか?

と、提案をされたので、とりあえずブラックジャックという
カジノゲームをすることにしました。

簡易でこさえたテーブルに、チップのかわりにおはじきを使って、
出店してみました。

最初は、地球環境を考えるようなイベントで、カジノなんて
大丈夫だろうか、、、?

なんて思ったのですが、一応、主催者の方とも話をして、
やっても大丈夫とのことでしたので、初の出張、
テント内ブラックジャックカジノをやりました。

やってみた結果、予想外に大好評でした!!

そのかいあってか、その後もいくつかの野外フェスや
イベントに呼ばれて、ブラックジャックディーラーをしました。

そんなある日、イベントを終えて、友人に連れられて
京都のあるゲストハウスに行きました。

そして、朝方までいろんな人々と飲んだ後、
みんな寝静まったので、片付けを終えて、
歩いて帰ることにしました。

なんと、飲み過ぎたのか、ポケットには
100円しか残っていませんでした、、、w

自動販売機でジュースも買えなかったのを覚えています。

そんな朝の散歩がてら、家に向かって歩いていると、
なにやら、路上で喧嘩をしている老夫婦らしき人と遭遇しました。

人目をはばからず、大声でお互いを罵り合っていました。

そして、声を上げながら、お互いが別々の方向へと歩いていきました。

ココリコも婆さんと一緒の方向へ歩いていました。

そして、婆さんの方は、孫なのか背中に3歳位の子供を背負っていました。

なんだか、その光景を見て、背中に子供がいるのに、
喧嘩は、やめた方がいいですよ。

と、余計なことをつい、言いたくなりました。

ほんとうに、その人に向かって、喉元まで出掛かっている感じでした。

そんな時に、同じように喧嘩を目撃していた10歳位の2人の女の子いました。

その2人が、なんと、、、

婆さんに近寄っていき、背中に背負われている子供の方に、
路上でつんできたと思われる、小さくてかわいい花を
何本かの束にして、差し出したのです。

そして、背負われている子供が受け取り、笑いました、、、

婆さんの方も、思わず、女の子にお礼をいいました。

その後、婆さんは爺さんの歩いていった方向へ戻っていきました。

そしてその光景をすぐ近くで見ていたのですが、
ものすご〜く、深いところで唸らされました!

まるで、禅の公案を体現して見せられたというような、
そんな気持ちになりました。

10歳位の女の子2人の、素直な行動に勝手になにかを教えられました。


さて、話は変わり、土曜日に3週間振りにゼウスに出勤で、
ポーカートーナメントのディーラーをしました。

常にワンテーブルにおさまる人数でしたが、
なんだか中身の濃い展開でした。

チップの山が何度も形を変えていき、勝負の行方は誰が手にしても
いいような展開に、、、

そんな時に、勝敗を決めるのは、いったいなんだろうか?

冷静さなのか、勇気なのか、気づきなのか、運なのか、
感情なのか、思いなのか、優しさなのか、厳しさなのか、
愛なのか、祈りなのか、諦めなのか、決心なのか、、、

テーブルの上で、繰り広げられる様々な要素が絡み合い、
そして、カードを通して事象が顕われる。

しかし、人生と例えられるように、自分に配られた
カードで、なんとかするのがポーカーの面白さでもあります。

自分自身の選択と、アクション次第で、周りに様々な影響を与えます。

まさに、ゲームを制する者は、○○も制す。

なんて連想をしてしまいました。


長時間ディーラーに入っていたので、
携帯電話の電源も途中で無くなっていて、
優勝写真が撮れませんでしたので、

こちらのブログへリンクします。http://zeusclub.seesaa.net/article/369197503.html

そして、優勝した西田氏は来週結婚式だと言っていました。

優勝も結婚とシンクロしましたね!

おめでとうございます!

末永くお幸せに、心より祝福します!


最後まで読んでいただき
ありがとうございました!




















出逢いがなければ、結婚もない!

結婚がなければ、自分も生まれていなかったかもしれない!

今回、ゼウスでは通らなかったこの企画、
試しに始めてみました!http://kyoto.machicom-matome.com/site/detail/id/3854

出会いは人生を変える力があると信じています。






ブログランキングの応援よろしくお願いします!⇒

人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村
posted by ゼウス at 15:18 | Comment(0) | ココリコの部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月05日

今回は、映画の話です。

レミゼラブル1.jpg
こんにちは、ココリコです。

レ•ミゼラブル の映画版を観てきました。

ミュージカルの存在は、昔から知っていたのですが、
この歳になって、初めてストーリーを知りました。

最初は、ミュージカル映画なんてぜんぜん興味なかったのですが、
映画代を出してあげるから観に行こうとまで言われたので、
そこまで言うのなら、観てみようかなと思い、映画館へ行きました。

結論から言いますと、上映中は何度も涙を堪えるほど、映画の中に引き込まれました。

主人公の、ジャンバルジャンは、お腹を空かせた姉の子供に食べさせるために、
パンをひとつ万引きした罪で、刑務所に19年間も入る事になります。

なぜ、パンひとつで19年も?と思ったのですが、4回も脱獄を計った為に、
19年という長い期間になってしまったのです。

そして、仮出所中に世間からは、罪人としてひどい仕打ちを受け、
心の中は、世の中に対する復讐心でいっぱいになっていました。

そしてある日、親切に泊めてくれた神父さんのところから、
銀の食器を盗んで、逃げたところを警察に捕まってしまいます。

ですが、神父さんは、盗まれたのではなく、差し上げたのだと言い張ります。

そして、ついでに銀の燭台も差し上げたのに、持って行くのを忘れたようですな。

と、更に、ジャンバルジャンに差しだします。

その出来事がキッカケとなり、ジャンバルジャンは、世の中を恨むのをやめて、
まともな人間となって、人々に尽くすことを決意します。

自分の裏切りに対しても、親切で応じてくれた神父さんの慈愛によって
ジャンバルジャンという人間は、生まれ変わります。

そして、この日を境にジャンバルジャンは姿を消します。

数年後には、名前を変えて街の市長として、人々に慕われる存在になっていました。

しかし、無実の人間を助ける為に、ジャンバルジャンは再び名乗りを上げて
法廷に出頭することになり、

その結果、警察に追われることになります。

ジャンバルジャンは、悪環境にいた子供を引き取って、
育てながらも、人々に施したり助けたりしながら、逃亡を続けます。

悪法に従うのか、心の中の善に従うのか、、、

この先は、是非映画を観て欲しいと思います。


最初は、台詞が歌になっているって、どうなの?

なんて思っていましたが、台詞も音楽も全部素晴らしかったです。

エンディングロールも最後まで観ましたが、実にひとつの映画製作に
関わっている人間の数だけで、1000人は超えると思う位、
制作スタッフの数が、延々と表示されていました。

素晴らしい作品の裏側には、これだけ多くの人間が協力をしていることを
考えると、これで1800円という値段は体験価値としては、お得だなと感じました。

朝の10時半からの上映に合わせて、10時に行ったら既に、
長蛇の列で、入る事が出来ず、13時半の上映に合わせて、
12時に行って、ようやく入ることができました。

実は、その2日前にも来たのですが、同じ理由で入ることが出来ませんでした。

しかし、観終わってみると、これだけの人間が列をなす理由に納得しました。


誘ってくれた人のひとりは、同じ作品をミュージカルや映画で、
もう何十回と観ているそうですが、ウインドオーケストラの副団長さんでもあります。

なにかのプロジェクトを始める時には、世界観を共有する為に、
全員と同じ映画や、コンサート、ミュージカルなどを観にいくとのことです。

確かに、今回観にいった映画の中でも、ラストに全員で歌を歌っている場面等は
とても心が熱くなりました。

大勢の人間が同じビジョンを共有することで生まれる力は、
もの凄いパワーを生み出し、時代すらも変えてしまうこともあるのだと感じました。

是非、この感動をブログを目にしたあなたにも!

映画って、本当にいいものですね。w

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。


こちらのブログも、よかったらどうぞ。
http://2012parallelworldexpress.com/synchropoker/?m=201306


レミゼラブル2.jpg









ブログランキングの応援よろしくお願いします!⇒

人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村
posted by ゼウス at 03:07 | Comment(0) | ココリコの部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月15日

思った通りに現象が起きる

kokoriko27.jpgkokorikoB.jpgmaiimg_581257_57412331_2.jpg


こんにちは、ココリコです。

ハンター X ハンター に出てくる、狐狐狸固 と同じ響きなので
ノリでつけられたブログネームが、気に入っています。w

7年程前に、バンコクのルンピニー公園を散歩していたら、
ひとりだけ、時間が止まっているかのような人物がいました。

しかし、よ〜く見てみると、ゆ〜くりと、少しづつ動いています。
しかも、身体全体が、同じペースでです。

まわりを歩いている人々は、誰も見向きもしていません。

まるで、そこにはいないかのように、誰ひとりとして
そのゆっくりと動いている人物を見ていないのです。

というか、見えていなかったのかもしれません。

いったいなにをしているのかと、気になったので、
少し離れたところに腰掛けて、その動きを見ていましたら、
どうやら、それは 太極拳 だと気がつきました。

こんなにゆっくりと動く太極拳は見た事なかったのと、
見事なまでの、バランスに、スローな動きと、
形の綺麗さに圧倒されて、思わず、見入ってしまいました。

しかも、ヒップホップブランドの服を着た、
20代の中華系タイ人でした。

そして、衝撃を受けたのは、その人物は、
まるでそこに誰もいないかのように、
30分以上に渡って、スローで完璧と言えるような
太極拳を魅せてくれました。

生まれて初めて、太極拳を凄いと思いました。

それからは、いろいろなところに太極拳を見にいってみたのですが、
その人物程、凄いと思うような動きには出逢えませんでした。

そして、あるサイトで、その人物の動きに一番近いと思う動きを
見つけたところ、こんな話がのっていました、、、

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
思った通りに現象が起きる
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

純粋、何一つ囚われも曇りもない、当たり前であるがままの状態。

もしそれが出来れば、一瞬にして周辺の世界も変貌します。

見るものも感じるものも包括した融合した感覚を得るはずです。

面白いように、思った通りに現象が起こります。


しかし、ここがみそです。面白いところです。

純粋でいると言うことは、自ずと思うことが変わってくるのです。

それで、思ったことが思ったとおりになるのです。


純粋はあらゆるものと完全に繋がっています。



純粋から揺らぎが起こり動きが始まります。そしてそこに戻ります。



基が分かっているから、基にすぐに戻れる。
又持続させることが出来るのです。



嫌いだった人がかわいく見えてきたり、
拘っていたことが単にひとつの楽しみに変化したり、
右往左往していたことの全てが、無常であることを発見し、

笑ってしまったり、目の前に起こる出来事が
全て生きていることの素晴らしさの付録としての
楽しさであることを感じるようになります。



それが平常心です。心を無にして平常心になるのではありません。



どこに我の本質が有るのか?



それを見つけ出すことが不動心という純粋に到達する近道かも知れません。



純粋の作用は、人間として生きている。ただそれだけです。


純粋の本体は、万物一体として存在している。ただそれだけです。




と、こんな感じの文章でした、、、


新ためて、太極拳の奥の深さを感じました。


そこで、太極拳と、最近夢中のポーカーを融合させてみると
どんな感じになるのだろう?


なんて空想をしてしまいました。


そして、それぞれが、得意なジャンルと、
ポーカーを組み合わせてみるとどうなるのだろう、、、?


太極拳ポーカー、合気道ポーカー、お笑いポーカー、ディベートポーカー、
物理学ポーカー、歌いながらポーカー、超能力ポーカー、
演劇ポーカー、人生相談ポーカー、マジックポーカー、


占いポーカー、プログラマーポーカー、直感ポーカー、
武士道ポーカー、なんとなくポーカー、えんぴつ転がしポーカー、
フラクタルポーカー、イタコポーカー、外応ポーカー、


心理学ポーカー、催眠術ポーカー、なりきりポーカー、
祈りのポーカー、外交ポーカー、殿様ポーカー、
料理人ポーカー、オーケストラポーカー、会計士ポーカー、


あらゆるジャンルを代表する人々が、ひとつのトーナメントに
参加して、頂点を競うという企画があれば、もの凄く
見てみたいし、参加してみたいのですが、どうでしょうか?


そして、オンライン予選からスタートして、日本中を巻き込んだ
日本最大のトーナメントが、ポーカーだと開催可能だとも思うのですが、
全世界にオンライン配信すると、面白いと思いました。


さて、この考えは、果たして、純粋なのかどうか、、、w

最後まで読んでいただきありがとうございました。








ブログランキングの応援よろしくお願いします!⇒

人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村
posted by ゼウス at 02:45 | Comment(0) | ココリコの部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月03日

中学生

IMG_2841.jpgこんにちは、ココリコです。


一昨年までは、1ヶ月に1度はチームでサッカーをしていましたが、
最近では、夜の公園でたまにボールを蹴るくらいです。

今日は、ふと思い出した昔の話です、、、


中学に上がりたての頃、友人がサッカー部に
入ろうと言ってきたので、入部しました。

希望は、ゴールキーパーでしたが、
なぜか、フォワードをやらされました。

入部してすぐに1年生のレギュラーになり、
大会にでました。

最初の大会は緊張しすぎて、すぐにベンチになりました。

そんなある日のこと、サッカー部の監督に、

『おまえのヘディングは、魅力的だな〜』

と、突然言われました。

その時は、ヘディングが得意とも、大好きとも
思っておらず、、、???、、、でした。

背も高くないし、ヘディングなんて痛いし、
あまりしたくないと思っているのですが、、、

しかし何故か、そう言われてからは、
ヘディングを積極的にいこうという意識が芽生えて、
どんな空中戦にも、必死で飛び込むようになりました。

サッカーが好きになり、部活を終えても近所の小学校で
ひとりで練習したり、週に2回、大学に行ってお願いして
練習に入れてもらったりしていました。

そして、2年生に上がった時の地区大会の試合後に、
他校のサッカー部の先生に、突然声をかけられました。

『おまえのヘディングは、いいな〜、今度の地区選抜に来い』

と、そんな感じでした。

その後は、高校、社会人チームと、サッカーを続けてきたのですが、
今にして思えば、サッカー部に入りたての時に、自分自身では
気がついていない才能を、最初に伸ばしてくれる言葉をかけてくれた、
サッカー部の先生に感謝とともに、身を持って体験した話でした。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。






http://www.ted.com/talks/ken_robinson_says_schools_kill_creativity.html










あなたが推薦するプレイヤーはいませんか?
http://2012parallelworldexpress.com/

ブログランキングの応援よろしくお願いします!⇒

人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村
posted by ゼウス at 12:26 | Comment(0) | ココリコの部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。